鍼灸師、柔整師の機能訓練指導員を養成します

平成30年4月、はり師・きゅう師が機能訓練指導員に加わり、介護保険の現場でも仕事ができるようになりました。しかし、はり師・きゅう師の場合、機能訓練指導員を配備した事業所で6月以上機能訓練指導に従事した経験が必要となります。

そこで、当講座は、厚生労働省と協議の上、6月以上の機能訓練指導を「自宅学習」、「2日間のスクーリング」、「月1~4回、1日1~3時間程度のデイサービス実習を6ヶ月間」で機能訓練指導員として認定する養成講座を日本で始めて開設しました。現在の仕事をつづけながら実習を体験することができます。実習修了後の就職先のお手伝いもします。

平成30年4月、はり師・きゅう師が機能訓練指導員に加わり、介護保険の現場でも仕事ができるようになりました。しかし、はり師・きゅう師の場合、機能訓練指導員を配備した事業所で6月以上機能訓練指導に従事した経験が必要となります。

そこで、当講座は、厚生労働省と協議の上、6月以上の機能訓練指導を「自宅学習」、「2日間のスクーリング」、「月1~4回、1日1~3時間程度のデイサービス実習を6ヶ月間」機能訓練指導員として認定する養成講座を日本で始めて開設しました。現在の仕事をつづけながら実習を体験することができます。実習修了後の就職先のお手伝いもします。

【実習についての Q&A】

Q1.実習するデイサービスは、自宅の近くにご紹介していただけるのでしょうか?

A1.実習デイサービスは、全国にご用意しています。ただし、当会指定の機能訓練型デイサービスになりますので、お近くにない場合もあります。なるべく同県を斡旋いたします。

Q2.実習はどのぐらいの回数や時間を通えばよろしいのでしょうか?

A2.厚生労働省では、とくに定めはなく、「機能訓練指導に従事した事業所の管理者が書面でそれを証していることを確認すれば、確認として十分である」との答えです。当会は、本来業務の休日を利用した、月1~4回、1~3時間程度、6か月間の実習を想定しています。

Q3.実習先では、どのようなことをすればよいのでしょうか?

A3.管理者の指示に従い、デイサービス業務に支障のない範囲でお手伝いをします。当会からは、誓約書、活動報告書を提出してもらいます。また、管理者には、実習生の評価表を記載していただきます。問題なければ6か月後、管理者から実務経験証明書が交付されます。

Q4.実習中どうしても通うことができなくなった場合、どうすればよいですか?

A4.基本、当会の指定したデイサービスに通って頂きます。ただし、理由によっては、延期や他のデイサービスに振替えも可能とします。なお途中で実習をやめても返金は致しません。

Q5.実習修了後に就職とか斡旋していただけるのでしょうか?

A5.ご希望がありましたら全力でお探ししたします。ただ、介護業界は機能訓練指導員不足ですのでご心配いらないと思います。

Q6.実務経験証明書は有効期限とかあるのですか?

A6.事業所からの実務経験証明書と当会が発行する実務経験証明書の2通とします。当会で保管、登録して、もしトラブルがあったときに会で対応できるようにします。



鍼灸師 三浦先生のインタビュー

はじめまして。
私は一昨年まで病院の勤務鍼灸師として週5日間フルで働いていたのですが、昨年定年・再雇用となり、時間的な余裕が少しできたため、以前より興味のあった機能訓練指導員の養成講座を受講させていただきました。

正直、研修のため自宅のある千葉県松戸市から都内のデイサービスに通ったり、仕事が終わって帰宅してからの課題作成やレポートの提出など、かなり苦労したのですが、佐藤先生を始めとして、研修先のくるみリハビリデイサービスのスタッフの方々のフォローのおかげで、なんとか研修を終え、機能訓練指導員の資格を取得することができました。

現在は勤務鍼灸師のほか、都内のデイサービスで機能訓練指導員として働いています。
デイサービスでは、厚生省の2021年の機能訓練要件の見直しに対応すべく、訓練方法の立案・実施から結果の入力に至るまで、デイサービスのスタッフの一員として忙しいながらも充実した日々を過ごしています。

今までは、鍼灸国家試験に合格後、開業か鍼灸院・整骨院勤務など「鍼灸」の道でしか働けなかった鍼灸師ですが、全く異なる「介護」の分野への道が開かれたことは、まさにエポックメイキングなことだと思います。

私が以前働いていた整骨院は、コロナの第一波の時休院を余儀なくされ、現在も患者様の受診控えで施術受付時間の短縮など、苦境に立たされているようです。
自分の生活を守るため、また鍼灸以外の道へのスキルアップを図るためにも機能訓練指導員の資格を取得してよかったと思っています。



実習費用
6か月分 120,000円(税込)

●FAXお申し込みはこちら
番号:03-5963-8132
●FAXお申し込みはこちら
番号:03-5963-8132

申込書のダウンロード

●メールフォームからお申し込みはこちら●メールフォームからお申し込みはこちら

© 2005 NPO介護予防研究会 Corp.